☆★☆~横浜緋桜開花しました~。毎年本当にありがとう!!☆★☆

いよいよ春本番!!治療院の前の横浜緋桜🌸開花しました!治療院の窓からもとっても美しいです!今年はちょっと咲き始めが早いですねー。毎年本当にこの時期になると、たくさんの人達を喜ばせてくれるこの桜。本当に有難いです〜♬感謝💛感謝です!!

☆ホームページのTOPページの写真~懐かしのグラストンべリー☆

このホームページ作りに挑戦したのがかれこれ3年半ほど前、いきなり初めてのwordpressでの制作、あまり詳しく根本がわかっていないままにホームページビルダーを使って自分で作成しました。中で使われている言葉の意味もよくわかっていなかったりで、そこから検索。ひとつずつこなし、やっと出来上がったのを覚えています。本来なら治療院の写真をTOPページにもってくるんでしょうが、なぜかどうしても以前行った世界の聖地として名高いグラストンベリーのChalice Well&Gardens(チャリス・ウエル&ガーデンズ)で撮った写真を使いたくなり、TOPページに載せました。この真っ赤なポピーの花がとっても印象的で、花の大きさが手のひらサイズととても大きい。とっても存在感のある花でした。力強くそしてパワーにあふれた感じに心惹かれました。

このチャリス・ウエル&ガーデンズがあるグラストンベリーは英国屈指のパワースポットとして知られ、イングランド南西部、サマセット州にある小さな町です。毎年夏に開催される野外音楽フェス、グラストンベリーフェスで有名な町です。ケルト神話のアーサー王とアヴァロン島の古代の伝説でも有名な神秘的な聖地としても有名です。

なんといってもこのグラストンベリー・トーが有名で、14世紀ころの建てられた聖ミカエルの塔がそびえ立つ丘。英国最大のレイ・ラインSt.Michael’s Lineの上に位置しています。アーサー王伝説のアヴァロン島ではないかという説もあり、又異界への入り口があるとも言われていてと、ても不思議な感じでした。

また聖ミカエルの塔から見下ろした風景が言いようのない美しさで、今までで見た景色の中でも最も感動した!~そして以前ここに来たことがあるかもしれないと~過去の記憶をよみがえさせられるような感じの風景でした。またもう一度訪れたいと強く思わせられる場所と風景でした。

そして最初に紹介したチャリス・ウエル&ガーデンズ、冒頭のポピーの花が咲いていた場所。グラストンベリートーの登り口の近くにある聖なる泉、チャリスの井戸。英国式庭園の美しさが映える温かさと静寂さが漂う空間でした。パワーチャージ・リフレッシュに最高の場所。美しいお花たちが迎えてくれたその奥にあるチャリス・ウエル。その井戸の水底深くにキリスト最後の晩餐で使われた聖杯が沈められているという伝説でも有名です。赤い泉ともいわれていてヒーリングの力がある水で知られています

アーサー王の中庭King Arthur’s Courtと呼ばれている中庭はSt.Michael’s LineとSt.Mary’s Lineが交差している場所でもあるということで、パワーに満ちた場所としても知られています

チャリス・ウエルのシンボル Vesica Piscisを形どった池。湧水が辿り着く7つの鉢 Sven Bowls Flow Formと呼ばれ8の字を描いて水が降りてくるようになっていて無限 Infinityを表しているのだそうです。

グラストンベリーに行ってからもう何年も経ってしまいましたが、今思い出しても美しさがよみがえる場所です。そして不思議なパワーとハーリーポッターの世界のような空気感あふれる場所。いつかもう一度訪れたい場所です

☆★☆~待合室のゴムの木~こんなに大きくなりました!!~☆★☆

治療院の待合室にあるこのゴムの木、高津に治療院があったころから約20年育てています。最初買ったときには20cmで確か500円ほどでした。それが今は天井まで届く大きさとなりました。鉢をもっと大きくして土もいっぱいだともっと大きくなったでしょうが、重くて移動できなくなるのでちょっと少なめの土です。それでもこんなに大きくなってくれました。先週又新しい芽も出てきました💛なんだかとっても 嬉しいです!!

                         

☆★☆~自然の恵みはやっぱり最高!!~☆★☆

あっという間に8月も終わりですね!今年の夏は、雨が多かったり一気の猛暑が戻ったりと体調管理が難しいですね。夏休みは母が趣味で作っている畑の手伝いをしていました。やっぱり自然の恵みは本当にいいなあ~。お花も野菜もイキイキしていました。ブルーベリーを摘むのには一つずつなので、時間かかります。でも収穫はやっぱりうれしいです。今年もブルーベリージャムをたくさん作りました。やっぱり手作りは美味しい♬自然の恵みに感謝💛感謝です♬

 

 

 

 

☆★☆~グルメフェスタ in 仲町台、無事に終わりました~☆★☆

ご報告遅くなりましたが、7月22(土)23(日)第21回❤2017 グルメフェスin仲町台❤、無事におわりました。お祭り実行委員会の皆さん、お疲れ様でした。そして、たくさんの方々にいらして頂き、本当にありがとうございました。美味しいものがいっぱいの手作り感が盛りだくさんの仲町台のお祭り。出し物もいっぱい、そして夜には歩けないほど人がいっぱいでした~♪今年も来てくださったみなさん、ありがとうございました!又来年もよろしくお願いいたします~♪(次も又お手伝いも又頑張りま~す♪)

☆★☆~今年もいよいよ仲町台夏祭り~第21回2017 グルメフェスタ in 仲町台~☆★☆

 

今年もいよいよ!仲町台夏祭り♬ 第21回 ☆☆~2017年グルメフェスタ in 仲町台~☆☆
日時:7月22日(土)11:00~20;00
   7月23日(日)11:00~19:00 
会場:せせらぎ公園芝生広場・仲町台駅前広場・仲町台駅前ミモザ広場にて
今年もお祭りのシーズンがやってきました。毎年なんと2日間で3万人ほど集まるこの夏祭り!ステージでは、ダンスパフォーマンスに和太鼓、横浜Fマリノス公式チアリーディングチームのパフォーマンスなどなどの出しもの。都筑出身のヂュオのツーワンセルフのライブ。ハワイアンダンス🎶夜大盛り上がりの盆踊り♬そして、今年は福引が熱い!みんなが期待のフード店、から揚げや焼き鳥にタコ焼き。綿あめにラムネ。金魚すくいにヨーヨー、おもちゃ、福引などなど、お楽しみがいっぱい。皆さん、お誘いあわせの上どうぞいらしてくださいね!!
 
今年も22・23日両日ともボランティアお手伝いに出る予定ですが、治療院開院も開院いたします。どうぞ宜しくお願いいたします。

☆★☆~自然の恵み、梅漬けてます~☆★☆

毎年この季節になると梅干し漬けています。やっぱり手作りはシンプルで美味しいです。『今年もお願い~っ』て、出来上がりを待っていてくれる友達も(笑)。紫蘇のあく抜きも終わって、梅酢が上がってきたので、あとは一緒に漬け込むだけ。生姜も一緒に漬けます。今年も美味しく出来上がるといいなあ~🎶

☆★☆~今年も蘭が咲いてくれました♬本当にうれしいです~☆★☆

今年も咲いてくれた蘭🎶、16 年くらい毎年咲いてくれてます。2000年の初めころにいただいたこの欄、

こんなに長い間信じられない〜です。環境がピッタリ合ったせいなのかほんとに長い間咲いてくれています。

本当にありがとう💛感謝・感謝です!!

今日5月7日は治療院設立記念日💛~明日から26年目に入ります。どうぞ宜しくお願いいたします。

ゴールデンウイークも今日で終わりですね!いかがお過ごしでしたでしょうか?治療院窓から見える新緑がとっても美しいです。今日は治療院の設立記念日1992年5月7日に治療院を設立から今日から26年目はいります。あっという間にこんなに経ってしまいました(笑)たくさんのみなさんに助けていただきながら、たくさんの笑顔に囲まれて過ごした年月だったと思います。みなさんへの心からの感謝とともに又よりいっそう精進してまいります。どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

      

 

 

 

 

 

 

☆★☆~横浜緋桜満開です~☆★☆

治療院の窓から見える横浜緋桜🎶満開です。毎年濃いピンク色が額縁のような窓から本当に映えます。居ながらにしてお花見。ありがたい限りです。やっぱり日本人には桜。春になると桜のピンクと香り~ウキウキしますね!この横浜緋桜か散り始めるとき、ソメイヨシノが咲き始めます。日本って本当にありがたいです~🎶

☆横浜緋桜☆

【生みの親】
  桜の新品種作りに取り組んでいる白井勲氏(港北区高田町)です。
 
 【特徴】
  ・花は赤みが強く大輪、下向きに咲きます。
  ・染井吉野と同じように、葉の出る前に花が咲きます。
  ・開花期が早咲き・中間咲き・遅咲きの3タイプがあります。(花の形態は同じ)
  ・早咲きは3月20日ごろから咲きはじめ,遅咲きは4月10日ごろから咲きはじめます。
  ・小学校で入学式のころに満開になるものを植えたい時には、中間咲きのものを植えます。

 【経緯】
 昭和47年ごろに早咲き種の鮮やかな紅色の寒緋桜(かんひざくら)と病気に強い山桜(兼六園熊谷(けんろくえんくまがい)という種類)を交配させ、それぞれの系統の利点を備えた丈夫で美しい桜が誕生しました。
 昭和60年1月、その桜は、横浜の名を冠し、花の色の特徴を表す,「横浜緋桜」と名付けられました。
 そして農水省に種苗法に基づく品種登録がなされました。
 平成8年4月2日には横浜公園開園120周年を記念して横浜緋桜の植樹式が横浜公園のこどもの遊び場付近で、横浜市長(高秀秀信)、横浜緋桜の生みの親の白井勲さんが参加して行われました。
 平成9年11月12日には品種登録された最初の木(原木)が白井勲さんから中区制七十周年記念実行委員会に寄贈され,本牧山頂公園東側の芝生広場に植栽されました。

(横浜市のホームページより)